FC2ブログ

潜水

  • 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10

茶色い桃




夢でみたことのある景色
家に帰れない私 とか
よく笑うあなたの泣き顔 とか
話して 話してみたい

何もかもが救われた世界
自販機のメロンソーダ とか
半分以上残して捨てたジャンクフード とか
今度ね 話せたら

肌を合わせれば分かることなのに
肌を合わせれば分かることばかり

その代わりの話をしよう

あなたと食べたものが
私の体の一部になっていく
あなたと過ごす時間が
私の魂の一部になっていく

夏の、終わり
生活の終わり
でもきっとそういう話じゃないんだろうなあ





Swing







ああ
この感じ
懐かしい

一度に 感じる
感情が多すぎる
終わらない絶望感

運気の変わり目が分かる
ふと、私の空間で音がするような

今回は大きな鳥が羽ばたく、羽根の音

空中ブランコで 行こ
ゆれる ゆれる 羽根もはえるさ
ウエハースの道
足を突っ込みながら歩くのは もう嫌

アパートの15階
向かいのベランダが気になって 跳ぶ

見えない
彼女の 見えない瞳の奥

見えない
彼女の 見えない胸の内

朝まで
ずっと
気づかずにいる

酔いはすぐに冷める








脳が明ける





新年の、朝のひと鳴き
寒く 晴れた日
世界が薄いベールに包まれている
光が見えないのに 眩しい
目が眩んで転んだ
世界が慌ただしいのに静かだ
起き上がる
手を合わせる
何に? 何と?
今、この瞬間にも
いくつもの細胞が死んで 生まれる
こんな日を特別だと思えないくらい
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう
おめでとう

たくさんの声がする
一人くらい祝えない人が居たって良いよね
人混みで自分を探す
そこには無いものを見て
そこにさ無いものを着て
そこには無いものを食べる
ああ、未だ一月二日だった
二〇一九年
長い旅だった
ただいま おかえり 年が明けたよ
声がする
おめでとうって教えてくれる
おめでとう











続きを読む »

夢も見ない






今幸せじゃないって言ったら
あなたどうする?

胸を痛めてくれるかしら
優しくしてくれるかしら

何をもらったって私満足しないのに
賢くなれば賢くなるほど不純だ

ストレス社会だってさ
セルフケアが当たり前
ストレス源の解決をって
折り合いつけれないから
ひとりで死ぬしかないと思うんだよね

胃が痛くて目覚める朝
幸せと不幸せは別けられない
つまりはそういうことでしょ

今私幸せよって言ったら
あなたどうする?

微笑んでくれるかしら
優しくしてくれるかしら








at home





fatな生活
私は未だ
私にかけた呪いを解けずにいる

私がもしも、よろめいたとしても
君は走ってこないよな

普段は付けない
キツいブラジャーも
君のためだった
君に褒めてもらいたいだけだった

私がもし
私がもしも

わたし 自分の半分も愛せないから
本当は走ってきてほしい
あげた半分を あなた 愛してくれるかしら

余分なものを溶かして
綺麗に流して

何も感じない1日の
たったひとつ憂いを
たった一滴の水を
それだけで豊かな森を 家に。






 | HOME |  »

■ Profile

 溜

Author: 溜
●▲■
twitter@bebeism
潜水bot@schlah_gut



過去記事ほぼ削除しました。
詩とか言葉だけ残ってる
現在と倉庫。


褒められて伸びるタイプです。





_

■ Category

■ New post

■ New comment

■ Ranking

                                                      いちおう                                                                                                     

■ Link

■ QRcord

QRコード

■ Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■ Back number

■ 検索フォーム