FC2ブログ

潜水

  • 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12

at home





fatな生活
私は未だ
私にかけた呪いを解けずにいる

私がもしも、よろめいたとしても
君は走ってこないよな

普段は付けない
キツいブラジャーも
君のためだった
君に褒めてもらいたいだけだった

私がもし
私がもしも

わたし 自分の半分も愛せないから
本当は走ってきてほしい
あげた半分を あなた 愛してくれるかしら

余分なものを溶かして
綺麗に流して

何も感じない1日の
たったひとつ憂いを
たった一滴の水を
それだけで豊かな森を 家に。






SNSを見ることが減った。



携帯やPCに触れる時間が極端に減って、検索やニュースやコラムを中心に、たまにインスタ、気まぐれにツイッターを開いて見切れなくて閉じる。
それでも相変わらず、頻度は少ないながらもこの倉庫は更新しているし、詩を書くこともある。思い出すように、ギターに触る。
自分を表現しないと生きていけない。
知ってもらいたい。分かって欲しい。
認めて欲しい。
確かにあの頃の私の「作品」たちはそんな自己顕示欲の塊だった。無くなったわけじゃないけど、自己顕示欲が無くても、詩は書けるし文章も作れる。
実は少し怖かったんだ。
この変化で、昔は良く出来てたとか、あの頃のほうが魅力的だとか、思うことがあるんじゃないかと。
あの頃の私と今の私は別人の様だけど、私は私だし、戻ろうと思えば戻れるし、嫌でも戻される日が来るかもしれない。
確かにあの頃居場所だったツイッターには興味がなくなって、素晴らしい音楽には変わりないのに、マイヘアには興味がなくなって、過去の「作品」たちをみると「本気で頭がおかしかったんだな」と思う。
頭がおかしいことを誇りには思えない。でも、自分の言葉ほど自分に沁みるものはなくて、たまに目にすると感動したり慰められたりして、
私のためにいい仕事したなって過去の自分を労いたくなる。
もう見られても見られなくてもいい。今、こんなにも自由なのはこの変化のおかげ。

続きを読む »





悲しいことがあったんだ
苦しいことばっかだ
君が聞いてよ
耳を塞がないで
目を逸らさないでよ

君に聞いてほしかった
誰にも言えない
ヤマシイことだよ
拒絶しないで
煩いって言わないでよ

強い言葉はやめて
優しくして





22





手頃なホテルに
チープな恋を重ねて
君のアレも、私の首すじもずいぶんと安っぽかったんだな。

喧嘩をして、傷ついて
傷のつかない君を 私
愛してたんだったかな 憎んでたんだったかな

はなれ、ばなれ、の最後も
私はもう胸もお腹もいっぱいで
君は空っぽで
いつもタイミングが合わなかった

泣いても、意味なかった。
きっと泣いても、変わらなかった。
「もしもあの時泣いてたら」なんて
あんなラブソングに騙されるほど
弱くない

私は私を腐らせて、不味くなっても、
もう弱くない

懐古主義にヘイトを、君に、幸あれ。




おとなの國




薄く張った氷
春だから死にたい。

思春期の閉塞感が フラッシュバックして
夢か現か 分からなくなって 眩暈がした

何でもない日々が続いていく
ふと、絶望感を覚える

お酒で忘れてしまうこともできるのに、水を飲む

私はいつまで
私として生きなければいけないのか

私を切って、貼って、伸ばして、縮めて
傷つけたり、磨いたり、ふやかしたりして
そうして日々になじんでいく

仕事帰りに住宅地を抜けると
いろいろな匂いがした
「精神の安定には、ある程度の生活水準が必要だ」とか考えて
あれはそれ故の贅沢だったのだと
あとからその甘さを赦しながら

春のいい香り
いい香り、でも嫌いな春

ネオシティポップを流して
誤魔化して、誤魔化して、誤魔化して、
日々を誤魔化して

つまり私たちは常に不安なのだった。

この春私は、二十四歳になる。もう歳を数えるのは辞めようと思った。
これまでの私は私のままで、
ひとまずここでお別れしよう。






 | HOME |  »

■ Profile

 溜

Author: 溜
溜(たまり)です
たまちゃん。


)お気にいりショップ
 ∮ワンピース専門店favorit
 ∮ワンピース専門店cawaii
 ∮natalie
 ∮FELISSIMO
 ∮Bleu Bleuet(+ビルボ)
 ∮靴下屋さん

)溺愛アーティスト
 BUMP OF CHICKEN/RAD WIMPS
 Mr.Children/LUNK HEAD
 チャットモンチー/クリープハイプ
 back number/サカナクション
 andymori/スピッツ
 The Beatles/神聖かまってちゃん
 aiko/斉藤和義/HAPPY BIRTHDAY
 Lily chou-chou/My hair is bad
 yonige etc..

)すきな作家さん
 江國香織/山本文緒
 有川浩/桜庭一樹
 よしもとばなな/大崎善生
 米澤穂信/森絵都
 石田衣良/あさのあつこ

)and so on,
 まんが/あにめ/猫/ハンドメイド/ピアノ
 ギター/歌/絵/料理/映画鑑賞/舞台鑑賞 

●▲■
twitter@bebeism
潜水bot@schlah_gut



過去記事ほぼ削除しました。
詩とか言葉だけ残ってる
現在と倉庫。


褒められて伸びるタイプです。





_

■ Category

■ New post

■ New comment

■ Ranking

                                                      いちおう                                                                                                     

■ Link

■ QRcord

QRコード

■ Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■ Back number