FC2ブログ

潜水

  • 12 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 02

rollover






ずぶ濡れで立っていた
エイプリールフールの嘘みたいな
男の子たちは春を売った
女の子は何も売れない
雨ばかりだ 風は優しいから困る
二十一歳の春、
私は沈黙していられなくなった。
それが 得策でない と分かっていても

ふりだしに戻るを踏んだ
深夜の砂嵐が 時間 そのもののようだ
みんながみんな怪物で、
特別なものは何もない
恐いものがなくなって 恐ろしくなった
二十一歳の春、
私は沈黙していられなくなった。
鳴り続けるホワイトノイズに耳を塞ぐ














音と時間についてです。


ロールオーバー:
語音弁別能の検査(簡単に言うと
どのくらいの音の大きさで、
「あ」「い」「う」「え」「お」などの語音を
一番聞き分けることが出来るか。の検査)
をしたとき、耳に入る検査音(語音を読み上げている)を
大きく感じ過ぎて逆に語音を弁別できなくなる現象のこと。
実際では、内耳機能などに関係して起こる。

もちろん他の意味のロールオーバーもいいね。


深夜の砂嵐のあの独特の雑音は
ホワイトノイズ(またはピンクノイズ?)で、
決まった範囲のいくつかの周波数が
同時に鳴っている状態。だった気がする。騒音。
あの画面は私の学問外なのでちょっとわからないけど、
なんともいえないよね。最近もう見ないけど

勉強しても勉強しても、
分からないことばかりで難しい。
だから空想的というか象徴的に
こうやって用語を使えてしまえるんだと思う。
まだ理解しきってないから。妄想の余地があるというか。
うまくいえないな

説明してしまって台無しだ。忘れてください








■ コメント

■ コメント投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

http://lostbeat.blog71.fc2.com/tb.php/414-19703218

 | HOME | 

■ Profile

 溜

Author: 溜
●▲■
twitter@bebeism
潜水bot@schlah_gut



過去記事ほぼ削除しました。
詩とか言葉だけ残ってる
現在と倉庫。


褒められて伸びるタイプです。





_

■ Category

■ New post

■ New comment

■ Ranking

                                                      いちおう                                                                                                     

■ Link

■ QRcord

QRコード

■ Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■ Back number

■ 検索フォーム