潜水

  • 04 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来の味





貴方が私の四肢にする、深いキスが好き。
その幸福に 涙が出るのよ
離れて しまわないように抱き締める
子どもみたいに、甘える貴方が愛しい
気持ちとは裏腹に私はいつのまにか数える
貴方とのキス
言い合う言葉
嬉しかったこと、悲しいこと
笑ふ顔

約束の出来ない明日を
繋いで
貴方の明かるい瞳を見詰める
明かるい外を歩いている





2013年夏





忘れてしまったこと 忘れてしまえたこと
忘れたはずのこと 忘れられなかったこと
思い出せずにいること
思い出さなくていいこと
思い出してしまったこと
思い出そうとしたこと


例えば、精神病院の帰り真夏の昼下がり。
潟に生えたそこら中の葦が
さらさらと風になびく音 暑さを感じない躰
眩しい陽射しで白く見える静かな世界
イヤホンから流れるピアノ
ドビュッシー、リリイ・シュシュ
白い世界との一体感 現実であったまぼろし
もう二度と出逢えない これは皮肉だけれど、
みんなにもみせてあげたい
確かに奇跡みたいな瞬間

例えば、感情や想いや願いとは裏腹に?
男の人を求める躰 汚される躰 汚れていた心
平気な顔をして私に触れる男の人たち
同時にそれを嫌悪する躰
刷り込んだ不安不信不幸
傷つくことへの罪悪感
後の疲労感と依存心 虚無
お洒落なカーディガンの袖と靴下で隠した
傷 描いた罰点印
止めて、またしたくなる欲求

例えば、幸せな私。
その幸せが大きいほど怖い ほんとうに 怖い


全部乗り越えたこと
無くなるわけではないこと
必要のないかなしみ 捨てられないかなしみ
持っていたいこと 誰かにあげたいこと


続きを読む »

風の無い日





私を綴ってきたノートを一枚ずつ、古いものから燃やしていく。揺れない炎を眺めていた。
薄く広々(こうこう)と続く絶望と、燃えカスの中に僅かに希望と呼べるもの。
ラブホの嫌なところは、窓が無いところ そう言うと笑われる。
女の子扱いは止めて 別に良いモンでもないし、悪いモンでもないよ。
パンの耳の匂い ラズベリー シナモン、私は嫌い。
いつからか分からないけれど 人恋しさを我慢すると頭がジーン…とするのだ。

バニラミルクの男の子もいいけど、珈琲を頂戴。
いつからか分からないけれど 後悔という文字を忘れたら、見つめるしかないらしい。
好意を蹴飛ばして、呪いを吐く。
行為を受け止めて、不満を吐いた。

きっと三番目のカーブの辺り 時限爆弾
私は私で無く、都合の悪い事は忘れてしまおう。
今日もテレビを点けては消す。
話題のドラマを観る元気も無く、汚ない身体でベッドに潜る。
全く人生は不本意だ。

私を綴ってきたノートを一枚ずつ、古いものから燃やしていく。揺れない炎を眺めていた。
もう黒いページも白いページも懲り懲りなの。
それでも、明日も渡されるならば新品の白い紙が好い。








愛の描写





2016.11.17 23:13
私はもう、皓輔くんのことが
好きだけれど好きじゃないんだなって
思った。
もういいんだ。よくなってしまったんだ。
やっと許されたのか。救われたのか私は。
分からないけれど
あなたの背中をきっともう必死に掴まなくてもいいんだ。
掴めてしまう愛しさに震えなくてもいいんだ。
掴めない虚しさに十字架を立てなくてもいいんだ。
今日、あなたの家の鍵を失くした。探してみたら、大好きなものばかり集めた私のたからばこにに入っていた。aikoも歌うように、私の消えぬ想いは宝物の石に変わる。重くても輝いて、今夜の夢を見せてくれる。そう思うよ。温かくて優しい気持ちになる。

大好きだよ。
幸せになってね。
たくさんごめん

いなくなるあなたへ。愛を込めて。
















続きを読む »

天使たち


天使たち
あの河川敷でふたり、
たくさんエッチなことをしたね

君の脱いだ羽根を
僕はいくつ拾い集められただろう

愛を識ることは
透明な瞳を捨てることだと
いつ、気づけた?
愛を識ることは
大人になるということと
少し似ていた

僕たちの過程を
見えない時間を



あの海岸線でふたり、
たくさん悪いことをしたね

僕の脱いだ羽根を
拾い集めるのがこれからの僕みたいだ

愛を識ることは
透明な瞳を捨てることだと
君は気づいた?
何処へいってもいい
此処にいたっていい
世界は何も決めていない

累なりゆく愛を
失うものたちを









«  | HOME |  »

■ Profile

 溜

Author: 溜
溜(たまり)です
たまちゃん。


)お気にいりショップ
 ∮ワンピース専門店favorit
 ∮ワンピース専門店cawaii
 ∮natalie
 ∮FELISSIMO
 ∮Bleu Bleuet(+ビルボ)
 ∮靴下屋さん

)溺愛アーティスト
 BUMP OF CHICKEN/RAD WIMPS
 Mr.Children/LUNK HEAD
 チャットモンチー/クリープハイプ
 back number/サカナクション
 andymori/スピッツ
 The Beatles/神聖かまってちゃん
 aiko/斉藤和義/HAPPY BIRTHDAY
 Lily chou-chou/My hair is bad
 yonige etc..

)すきな作家さん
 江國香織/山本文緒
 有川浩/桜庭一樹
 よしもとばなな/大崎善生
 米澤穂信/森絵都
 石田衣良/あさのあつこ

)and so on,
 まんが/あにめ/猫/ハンドメイド/ピアノ
 ギター/歌/絵/料理/映画鑑賞/舞台鑑賞 

●▲■
twitter@bebeism
潜水bot@schlah_gut



過去記事ほぼ削除しました。
詩とか言葉だけ残ってる
現在と倉庫。


褒められて伸びるタイプです。





_

■ Category

■ New post

■ New comment

■ Ranking

                                                      いちおう                                                                                                     

■ Link

■ QRcord

QRコード

■ Mail

名前:
メール:
件名:
本文:

■ Back number

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。